JA千葉みらいの紹介

JAの概要

ごあいさつ

林 茂壽

組合長理事

林 茂壽

新年あけましておめでとうございます。

組合員並びにご家族の皆様方におかれましては、さわやかな新春をお迎えのことと心よりお慶び申し上げます。

旧年中は、JA千葉みらいの事業全般にわたり、深いご理解とご協力を賜り厚くお礼申し上げます。

昨年は、西日本豪雨、大阪北部・北海道胆振東部地震、台風などの自然災害が発生し、農畜産物・農業施設・住宅等に甚大な被害があった年でありました。ここに改めまして、被災された皆様方には衷心よりお見舞いを申し上げますと共に一日も早い復旧、復興をお祈り申し上げます。

 

国内経済については、外需主導の景気拡大が続き、輸出の好調さを背景に国内企業の設備投資も緩やかに回復しております。しかしながら、個人消費については将来不安・消費者物価の上昇もあり依然として低調な状況でありました。

農業・JAを巡る情勢は、国外に向けては昨年にTPP11関連法案が可決成立、米国との日米物品貿易協定(TAG)の貿易交渉、日欧EPAの協定内容の確定と日本農業にとって農畜産物の生産額への影響等大きな脅威となっております。国内では米の生産調整の見直しや消費税増税に伴う影響等不透明な状況にあります。また、本年は農協改革集中推進期間の最終年であり、全国及び県域の農業協同組合中央会の組織変更、会計監査人監査の導入等、JAを取り巻く環境は大きく変化してまいります。

さて、このような中、JA千葉みらいにおきましては、自己改革の取り組みによる「農業者の所得増大」「農業生産の拡大」「地域の活性化」に向け、組合員や地域住民に必要とされる多様な事業を総合的に展開し地域農業の振興や地域づくりに努め、第六次中期経営計画および地域農業振興計画最終年の取り組みを実践し、組合員皆様方の力強いご支援とご協力により各事業とも着実に前進することができました。

農業の将来を担う「担い手」の支援につきましては、千葉県・JAグループ千葉・千葉県園芸協会・千葉県農業会議のオール千葉体制により、ワンストップ・ワンフロアにて県内農業者のあらゆる要望・相談に対応する全国初の総合窓口として昨年4月に設立されました「千葉県農業者総合支援センター」を基軸とし、当組合の独自支援、常勤役員による認定農業者戸別訪問など積極的に取り組んでおります。また、農産物直売所「しょいか~ご」では、千葉店と習志野店を基幹店舗とし、都市型農産物直売所の特徴を活かしてJR沿線の「エキナカ」を中心とした出店を進め、農業所得増大並びにしょいか~ごブランドの更なる向上に取り組んでまいります。

更には、JA千葉みらい自己改革を継続実践し、JAの組織・総合事業・准組合員の必要性について意見を頂くため全組合員への「JA自己改革に関する組合員アンケート」を実施させて頂き、政府に対して組合員の意思の尊重を求めてまいります。

また、昨年11月に開催された第37回JA千葉県大会のスローガン「食と農を基軸として地域に根ざした協同組合の確立」「自己改革を結実させ、組合員とともに未来を創る」に基づき、当組合では、「創造的自己改革の実践」をテーマとして、第七次の中期経営計画および地域農業振興計画を策定し、様々な環境変化に対応可能な事業運営を展開し、これまで以上に地域に愛されるJAを目指し役職員一丸となって取り組んでまいりますので更なるご支援とご協力をお願い申し上げます。

結びに、新しい年が皆様にとりまして素晴らしい年になります事をご祈念申し上げ、年頭のご挨拶と致します。

常勤役員・代表監事の紹介

組合長理事

林 茂壽

代表理事専務

小島 英男

常務理事

斉藤 元治

伊藤 和彦

福田 泰敏

市原 敏彦

理事

石橋 毅
小菅 俊一
豊田 徳蔵
斉藤 芳江

仲田 卓爾
鴇田 英美子
深澤 一也
髙橋 好文

小川 辰也
石井 一男
松戸 秀貴
田中 直

貫井 正美
中嶋 靖弘
栗山 治
金子 光雄

植草 博
大島 貴久
斉藤 勇一
繁野 芳雄
佐藤 慎一

石井 孝昭
石井 隆吉
貝塚 幸司
髙橋 祥子
中村 芳利

代表監事

岩渕 重雄

常勤監事

須藤 謙

監事

村山 源司
永島 信幸
藤崎 忠

員外監事

石橋 正俊

経営方針

●JA千葉みらいの組合理念

私たちは「ふれあいと幸わせ」を大切に未来を創造し豊かな緑と都市との調和に貢献します。

●JA千葉みらいの組合方針

1.都市農業の特性を活かした農業振興を図るとともに、農家所得の向上に努めます。

2.農と住の調和を大切に、住みよい地域づくりを目指します。

3.組合員と地域住民に親しまれ、信頼される健全な経営に努めます。

4.ゆとりと安らぎのある生活文化活動に取り組みます。

5.地域のニーズに対応した、きめ細かなサービスを提供します。

●JA千葉みらいの行動規範

1.いつも明るい笑顔で接します。

2.幸せづくりのパートナーとして貢献します。

3.正確・迅速・ていねいな対応をします。

4.常に向上心を持ちチャレンジします。

5.自らの行動に責任を持ちます。

組合データ

名称 千葉みらい農業協同組合
愛称 JA千葉みらい
所在地 〒260-0026 千葉市中央区千葉港5-25
電話番号 (代表) 043-203-0141
設立年月日 平成13年7月2日
組合員数 24,982人
職員数 正職 293人 契約83人
出資金 2,249,742千円(口数)1口千円
貯金残高 270,899,672千円
貸出残高 66,588,487千円
自己資本比率 11.70%

平成31年1月現在