農業に関わること

家庭菜園

みなさんも家庭菜園に挑戦してみませんか?

食と健康への関心の高まりから、近年にわかに家庭菜園が流行しています。

季節ごとの野菜を育てる楽しさはちょっとしたコツでぐんと広がります。

ネギの種まき、苗作り

 晩秋から冬期にかけて収穫し、鍋物やすき焼きなど用途の広い根深ネギや葉ネギは、お彼岸のころが露地の苗圃(びょうほ)での種まきの適期です。


 


 畑は半月以上前に、元肥として完熟堆肥(たいひ)と油かす、化成肥料(酸性土壌なら事前に石灰も)を全面にばらまいて15~20cmの深さによく耕しておきます。


 


 ネギ苗作りで大切なことは、(1)そろいよく発芽させること(2)除草を怠らないこと(3)間引いて苗を適正な間隔にすること(4)肥切れさせないこと(5)病害虫防除を怠らないことです。


 


 そろいよく発芽させるには、まず、くわを何回も前後させて底面が均平になるよう、まき溝を入念に作ります。種は厚薄なく平らにまき、覆土(1~1.5cm厚)したら、くわの背で軽く鎮圧します。その上を2~3cmの長さに切断したわらで覆い、防寒と降雨から幼苗を保護します。もみ殻薫炭も良い材料です。


 


 ネギの初期生育は遅いのですが、雑草は急にはびこるので、除草は遅れないよう徹底しましょう。


 


 草丈6~7cmのころから、伸びるにつれて2~3回間引きし、最終株間を3cm内外にします。その間、3回ほど条間に化成肥料、有機配合肥料などを追肥し、軽く中耕しておきます。


 


 病害虫、特に赤さび病、スリップス、ハモグリバエなどが発生しやすいので、早期発見に努め、薬剤散布し、苗床から本圃にできるだけ持ち込まないよう心掛けます。


 


 一方、セル成型育苗は、間隔がきちんとしているので、苗はよくそろいます。さらに植えつけの際の断根がないので、活着が良いという利点があります。


 


 成功のポイントは、(1)セル育苗用として配合された専用の土を用いること(2)かん水を上手に(晴天なら1日に2~3回、周辺部を多めに)行うこと(3)1穴に3本立てるよう間引くこと(4)植えつけ前1~2時間にたっぷりかん水して苗を抜きやすくしておくこと、などです。


 


 図は通常のセルトレイを用いた方法ですが、ネギ専用の定植機を使用するペーパーポット方式が専業農家では多く用いられています。経済栽培の場合には、JAでこの方法の指導を受けられるのが得策です。


 


板木技術士事務所●板木利隆

ネギの種まき、苗作り

アスパラガスの冬の手入れ

 アスパラガスは野菜の中では大変長命で、上手に管理すれば7~8年以上も収穫することができます。来年も良い芽がたくさん出るよう、これからの手入れを怠らないようにしましょう。  


 


 まず、晩秋に入り茎葉が完全に黄変してきたら、地際部から5~7cmのところをかまで刈り取って、その場で乾かし、畑の外に持ち出して処分します。この茎葉はアスパラガスの大敵である茎枯れ病や斑点病にかかっているものが多く、その病原菌は茎葉の中で越冬して、来年の発生源になります。散らばらないよう丁寧に集めて処分しましょう。


 


 片づけたら、多く土寄せしていた場合は土を畝間に戻し、少なかった場合はそのまま、畝間の通路部分を中耕しながら、畝の両側に図のように深めの溝を掘り、その中に粗め(完熟度が中程度)の堆肥(たいひ)や雑草を干したものなどと油かすを施し、根株を埋めるように、畝上に土を大きく上げておきます。こうすることで防寒できるので、寒い地域ほど盛り上げる土を多くします。


 


 そして、越冬後の3月ごろ「寄せ土戻し」として、盛り上げた土を萌芽(ほうが)に支障のない程度に取り除くようにして、畝間に落とします。


 


 その際に、春の追肥として緩効性の化成肥料や有機配合肥料などを畝間に与えるようにします(どちらの肥料も一株当たり大さじ2を目安に)。このように再三、土を動かすことにより、地面付近に落ちていた雑草種子の発芽を抑え、除草の手間も省きます。


 


 栽培年数がたち、株元の根が過密になり、根群全体が浅く盛り上がるようになったら、冬の間に根株全体を掘り上げ、分割してほかの畑に株間を広めて植え替え、再び勢いを回復させます。


 


板木技術士事務所●板木利隆

アスパラガスの冬の手入れ

ナガイモ掘りは適期を誤らずに入念に

 夏から秋にかけて、さかんにつるを伸ばしてきたナガイモは、晩秋の寒風が吹き始めると茎葉が黄変します。そして、やがては枯死してしまいます。そのため、掘り取る時期は、このような茎葉の変化をよく見極めて決めることが大切です。


 


 一番の適期は、葉がすっかり黄化し、全体が枯れ始めた状態になったときです。緑の葉が残っている中、早く掘り過ぎると、イモをすりおろした際に褐変しやすくなってしまいます。


 


 掘り取りは、できるだけ晴天続きを見計らって行いましょう。雨天の後、畑が過湿状態のときに掘ると、貯蔵中の腐敗が起こりやすくなります。根を深く形成している長形のナガイモは、地温低下の影響を受けにくいので、収穫が遅れても、浅根で短形のヤマトイモのように低温害を受ける心配は少ないです。


 


 作業では、つるをイモの首の上5~6cmのところで刈り取り、茎葉を片づけてから掘り取りにかかります。ナガイモは折れたり、傷ついたりしやすいので、株の周り30cmぐらい離れた所から、スコップを立てるようにして、少しずつ慎重に掘り進めます。


 


 イモの先端より少し深い位置まで注意して土を取り除き、傷つけないよう丁寧に掘り上げましょう。図のように幅の狭いスコップや鉄棒などを用いると、効率良く作業を進めることができます。


 


 掘り上げたイモは、直射日光や強い風に当てないよう、土や覆いを掛けて肌を変色させないようにし、畑から搬出しましょう。


 


 畑でベッドに2列植えする場合には、出てくる花房の向きを外側に、プランターの場合は一方向を向くように植えつけます。植少量のものを短期間保存するには、新聞紙に包んで常温下に置くだけでよいのですが、たくさん取れたら、排水の良い畑地で図のように埋設貯蔵します。えつけに当たっては図のように、クラウンが地上に出る程度とし、深植えしないことです。植えつけ後、晴天なら毎日かん水し、乾かさないようにして活着を促します。


 


 0度以下では凍害を受けるので、貯蔵適温は2~5度を保つようにします。来春まで長期間持たせるには、低温貯蔵庫を利用しましょう。


 


板木技術士事務所●板木利隆

ナガイモ掘りは適期を誤らずに入念に

イチゴの植えつけと管理の要点

 イチゴは苗づくりから始めると栽培期間が1年近くもかかり、収穫は露地栽培では約半月で終わってしまうので、家庭菜園では取り組みにくいものでした。しかし、太陽をいっぱい浴びた旬のイチゴの魅力は格別で、育てたいと希望する人は大変多いものです。


 


 幸いなことに、最近ではイチゴ事情がだいぶ変わり、入手が難しかった苗が出回り始めました。また、大手種苗会社からは、新品種を含めた数々の品種の苗が販売されるようになり、栽培に取り組みやすくなったといえるでしょう。


 


 イチゴの植えつけ適期は、10月中・下旬(関東以西の平たん地の場合)です。早めに苗の購入予約をし、良い苗を確保しましょう。


 


 露地やトンネル栽培では「宝交早生」「ダナー」が従来からの代表種ですが、ハウス栽培や、日当たりの良い軒下でプランターを使った早取りでは「章姫」「とよのか」などがいいでしょう。そのほか、数多くの新品種が大手種苗会社から売り出されています。特性と栽培法を確かめて入手してください。


 


 植えつけ15~20日前までに、元肥として完熟堆肥(たいひ)と油かす、有機配合肥料、化成肥料などを、ベッド全面に散布し、15~18cmの深さによく耕し込みます。


 


 イチゴの根は肥当たりに大変弱いので、植えつけまでに肥料が十分に分解していることが大切です。プランターの場合は、ピートモス主体の専用培地を用い、肥料含有量を確かめ、少ないようならば、事前に油かすと化成肥料を少々補います。未熟な腐葉土や有機質肥料を直前に施用することは禁物です。


 


 畑でベッドに2列植えする場合には、出てくる花房の向きを外側に、プランターの場合は一方向を向くように植えつけます。植えつけに当たっては図のように、クラウンが地上に出る程度とし、深植えしないことです。植えつけ後、晴天なら毎日かん水し、乾かさないようにして活着を促します。


 


板木技術士事務所●板木利隆

イチゴの植えつけと管理の要点

春を告ぐ味覚、ナバナを育てよう

 独特の苦みと香りで、春を感じさせるナバナ。アブラナ科の菜の花のつぼみ(花蕾)を利用するものです。今まではほとんどが周年的に店頭に出回っていますが、晩春から春にかけてが旬となります。


 


 10cmほどの長さに切りそろえ、ぼつぼつ咲き始めたつぼみの束は、千葉県南部の特産品でしたが、近年は早生、晩生、多分枝性、耐病性など品種改良も進み、従来よりも一層広い地域で良品が得られるようになってきました。種苗会社によっては、ハナナとして特徴ある品種を売り出しています。


 


 は8月下旬から9月中旬までと、適期の幅は相当広いですが、早まきは早生種を用い、晩春からの収穫を狙います。


 


 一方、9月に入ってからの種まきには、耐寒性の強いものなどを選ぶようにすれば、楽しみは一層広がります。。


 


 128穴のトレイに4~5粒ずつ種をまき、本葉4~5枚のセル苗に育てて畑に植えるのが便利ですが、畑にまき溝をつけて直まきし、間引きながら一本立ちにして育ててもいいでしょう。


 


 太い花茎でおいしい花蕾を長期間取り続けるには、保水力に富む畑で、元肥に良質の完熟堆肥(たいひ)と、有機質肥料を十分施します。収穫が進むにつれて半月に1回ぐらい、油かすと化成肥料を追肥して、肥料が切れないようにすることが大切です。。


 


 アブラナ科野菜に共通の問題ですが、コナガの幼虫は大敵、アブラムシやヨトウムシなどにもやられやすいので、発生を早く見つけ、所定の薬剤などで防除しましょう。


 


 盛んに育ってきたら次々と花蕾をつけてきます。収穫適期の目安(1~2花咲き始めたころ)をよく見て、取り遅れることのないよう収穫してください。。


 


板木技術士事務所●板木利隆

春を告ぐ味覚、ナバナを育てよう

ダイコン畑の準備と種まき

 ダイコンは本来、強健な性質であり、土壌への適応性は広く、吸肥力が強いので、かなりのやせ地でも育ちます。しかし、根の肥大は急速なので、根形の形成には土壌条件が大きくかかわってきます。そのため畑の準備や施肥には、ほかの野菜よりも注意が必要です。


 


 まず、畑には種まきの半月以上前に、全面に石灰をまき、30cmぐらいの深さまでよく耕しておきます。このとき、発芽後すぐに伸びだす幼根が素直に成長するように、前作の残さや木片、石ころなどの障害物をよく取り除きましょう。


 


 元肥に未熟な堆肥(たいひ)を施すと、同じく根に障害が出やすくなります。野菜を作り続けている畑で、前作に堆肥が施してあれば、ダイコンには特に与えなくても大丈夫です。やせ地でどうしても与える必要があれば、全面に耕し込んだり、まき溝の下に入れたりせずに、種まきしたあとの株と株の間に、完熟堆肥と油かすを混ぜたものを半握りずつ置き、種と同時に覆土するのがよいでしょう。事前に鶏ふんも加えた、発酵済みのもの(ぼかし堆肥)なら申し分ありません。


 


 種まきは、図のようにくわで浅くまき溝を作り、その中央に、株間の間隔に瓶底などで○印をつけ、その小溝に4~5粒ずつまくのがよいでしょう。1カ所にまとめて種を落とすと、くっつき合って発芽するので、間引きのときに残す株の根を傷めてしまう恐れがあります。面倒なようでも、ダイコンの種子は大きいので作業は案外楽にできます。


 


 発芽したら、本葉が1枚開いたころに、1カ所3株を残してほかは間引きます(1回目の間引き)。このとき、図のように子葉(ふたば)の形に注意し、よく整った株を残すように心掛けましょう。形の悪いもの、異常に大きいもの、不ぞろいのものなどは、根が障害を受けている可能性があるからです。


 


 育つにつれてさらに間引き、本葉6~7枚ぐらいで一本立ちにします(図では3回目の間引き)。間引き時には追肥と土寄せも併せて行い、倒れないように支えます。


 


板木技術士事務所●板木利隆

ダイコン畑の準備と種まき

茎が球形に膨らむコールラビー

 茎の基部が球状に膨らみ、カブのようになるコールラビー。別名は「球形カンラン(甘藍=キャベツ)」「カブカンラン」といいます。一見、葉はカリフラワーに似ていますが、葉キャベツから分化したもので、キャベツの原始系とされています。


 


 地中海北岸地方の原産で、わが国に導入されたのは明治初期です。比較的古い野菜ですが、あまり知られていなかったのは、食べ方が分からず、和食にはあまり合わなかったためのようです。


 


 ブロッコリーに似た癖のない味で、歯応え良く甘味があります。皮をむいて薄切りにし、サラダやあえ物、ぬか・塩漬けに。また、いため物やクリーム煮にしたり、油揚げなどと合わせて煮物にしたりと、いろいろアレンジできる野菜です。


 


 まだ栽培が少ないので、品種は球茎が白緑色の「グランドデューク」「サンバード」、赤紫色の「パープルバード」など、わずかしか知られていません。


 


 冷涼な気候を好みますが、キャベツよりも低温や高温に耐えるので、栽培しやすい野菜といえます。種まきの適期は、6月中旬から8月初旬ぐらいまでの夏まきと、9月上旬から10月上旬にかけての秋まきです。


 


 元肥はベッド全面に化成肥料と油かすをまき、15cmほどの深さに、あらかじめすき込んでおきます。


 


 種まきは図のようにベッドに溝をつけ、20cm間隔ぐらいにすじまきし、育つにつれて逐次間引きし、最終株間を16~18cmとします。


 


 生育の途中で、球が4~5cm径に肥大したころ、球の下方から横にかけて出た葉を切り取り、球の肥大を促します。上方の5~6枚は残しておきましょう。


 


 球径が7~8cmに肥大したら逐次収穫します。球の下部1cmくらいは堅くて食べられないので、切除しましょう。新聞紙に包んで冷暗所に置けば半月ぐらいは十分持ちます。


 


板木技術士事務所●板木利隆

茎が球形に膨らむコールラビー

花も実もあるオクラ、育て方のコツ

 夏を越して晩秋までも実(莢果=きょうか)と花が楽しめるオクラは、容易に育てることができるので、家庭菜園や庭先、そしてプランターでの栽培におすすめです。


 


 食べ方は、刻んで生のままだけでなく、さっとゆでたり、いためたりとさまざま。サラダやてんぷら、みそ漬け、かす漬けと、使い道が広いのも魅力です。


 


 高温性なので10度以下の低温では生育が停止し、落葉したりします。よく「畑に植えたけれど、一向に伸びず枯れたりする」という声が聞かれるのは、早く植え過ぎたり、苗が低温に遭うことで起こる場合が多いのです。水不足と勘違いして水をやり過ぎると、地温が下がって過湿で立枯れ病などが発生し、失敗を助長してしまいます。


 


 十分暖かくなってから、黒ポリマルチをして、ベッド幅90cm、通路60cm、株間40cmぐらいに植えます。1カ所4~5粒まきとし、発芽したら2~3株を残して育てます。前期の育ちは遅いので、1カ所2本植えとし、早期収量を高めるのが得策です。自分で種をまくと、数ある改良品種、特徴ある品種の中から、好みのものを買い求めて栽培する楽しみが味わえます。


 


 栽培管理の留意点としては、茎葉の育ち具合をよく観察し、図のように葉が込み過ぎたら、適宜、葉を摘み取って通風を良くすることです。逆に肥料不足や、なり疲れると花の咲く位置が高くなり過ぎ、花から上の葉数が少なくなります。その場合は、思い切って実を若取りし、株間あるいは大きく育ってからはあぜ間に追肥します。多肥にし過ぎて過繁茂になると、イボ果が出たり、曲がり果が多くなったりします。


 


 また、ネマトーダ(センチュウ)に弱いので、発生した畑は避けて連作をしないよう注意しましょう。


 


板木技術士事務所●板木利隆

花も実もあるオクラ、育て方のコツ

夏バテ防止に効くニガウリ

 今や夏の健康野菜として人気が高まっているニガウリ。家庭菜園でも愛好者が増えてきました。


 


 ゴーヤー、ツルレイシとも呼ばれるニガウリは、熱帯アジアが原産です。日本では、沖縄県や九州南部で古くから根づきましたが、最近は温暖化の影響のせいか適地が北上しています。


 


 主な食べ方はゴーヤーチャンプルーや天ぷらですが、おかかを掛けて酒のつまみにしたり、細かく刻んでリンゴジュースと一緒にミキサーに入れてジュースにしたりと、工夫して楽しめます。  品種は中長、短果、白色果など、いろいろ出回ってきたので、カタログなどを参考に、早めに種子の手配をしてください。


 


 暑さによく耐え、強健で育てやすく、夏から晩秋までたくさん収穫できるのが特徴です。しかし、高温性で、発芽適温は28~30度なので、早まきするにはビニールトンネルで保・加温が必要です。また、種皮が堅く、発芽力が弱いので、まく前に種子をペンチで挟み、種皮に傷をつけて吸水しやすくする必要があります。苗を買い求める場合も、十分暖かくなってから畑に植えることが大切です。


 


 初期の育ちは極めてゆっくりですが、気温の上昇とともに細いつるがよく伸びますので、支柱は早めに立てます。フェンスに絡ませたり、ネットやひもに誘引できることから、最近は省エネ対策で、建物の南側の壁に沿うように仕立てる事例もよく見られるようになりました。つるはよく絡みつくので、誘引は初期につるし上げるのと、込み合わないように配置するだけなので簡単です。


 


 夏に入ったら開花後15~16日、盛夏には12~13日、秋には25~30日ぐらいで収穫適期になります。果実の先端にある、花おち部の黄変が始まらないうちに収穫することが大切です。取り遅れると品質を大きく損ねます。


 


板木技術士事務所●板木利隆

夏バテ防止に効くニガウリ

人気高まるズッキーニ

ズッキーニはカボチャの仲間である「ペポ種」(ほかに日本種、西洋種がある)の一つで、つるなしカボチャの別名を持ちます。近年、消費の伸び率が五指に数えられ、知名度が高まっています。キュウリほどの大きさで若取りしますが、最近ではゴルフボール大のかわいい丸形果品種も加わりました。


 


種まきの適期は3月下旬からですが、早めに種子を手配し、苗づくりから始めるのもおすすめです。  主な品種としては、長形の緑色果の「ダイナー」(タキイ種苗)、「グリーントスカ」(サカタのタネ)、黄色果の「オーラム」(タキイ種苗)、「ゴールドトスカ」(サカタのタネ)、卵形果の「グリーン・エッグ」「ゴールディー」「ブラック・エッグ」(神田育種農場)などがあります。  苗づくりは普通カボチャに準じて、3号ポリ鉢に2粒まきし、本葉出始めのころ間引いて一本立てとし、本葉3~4枚のころ畑に植えだします。元肥に堆肥(たいひ)、油かす、化成肥料を施し、畝間130~150cm、株間70cmぐらいに植えます。


 


多湿を嫌うので、畑の排水を良くするために、畝は高めに作るようにします。また、葉が大きく葉柄の中空が大きいので、風に振り回されたり、つるが反転したりすると折損(せっそん)し、傷口から病原菌が入りやすいため、図のように短い支柱をつるを挟むように交差させ立てて固定しましょう。


 


雌花は短縮した茎に多くつき、開花後の肥大は早いのが特徴です。長形種は20cm、卵形種は直径6~7cmになったら早めに収穫します。開花後3~6日で収穫となります。


 


いため物や揚げ物、煮物など、さまざまな調理に向くズッキーニ。取り遅れて大果になったものは、バーベキューにするとおいしくいただけます。


 


板木技術士事務所●板木利隆

人気高まるズッキーニ

一覧