農業に関わること

家庭菜園

みなさんも家庭菜園に挑戦してみませんか?

食と健康への関心の高まりから、近年にわかに家庭菜園が流行しています。

季節ごとの野菜を育てる楽しさはちょっとしたコツでぐんと広がります。

暑さに強く育てやすいカイラン

盛夏に入ると家庭菜園も夏枯れで、青物が途切れがちになります。こんな時に育てておくと重宝するのがカイランです。


カイラン(芥藍)はキャベツの仲間で、葉はキャベツに似ていますが、早くから茎が太く伸び、やがてとう立ちしてきます。その若い葉と、伸びてきた柔らかな花茎を利用するのです。耐暑性のある南方系の野菜で、中国南部から台湾、東南アジア方面で夏野菜として広く栽培されています。


まき時の幅は広いのですが、夏どり中心なら今の時期がよく、種まき後50~60日で収穫できます。


早めに完熟堆肥(たいひ)と油かす、化成肥料を全面に耕し込んでおいた畑に、50cm間隔にくわ幅のまき溝を作り、3~4cm四方に1粒ぐらいの割合で種をまきます。育つにつれて間引き、最終株間を10cmぐらいにします。途中で2回ほど追肥をして、肥切れさせないように軟らかく育て上げます。


128穴のトレーで本葉3~4枚の苗に育てて、80cm幅のベッドを作り、10×10cm間隔に植えつけて育てれば、そろった良品が得られます。肥料の与え方は前述の直まきと同様にします。害虫がつきやすいので、早めに発見し、防除をする必要があります。べたがけ資材をトンネル状に覆い、害虫の飛来を防ぐのがおすすめです。


収穫は草丈が15cmぐらいに伸びたころからが適期です。若葉やつぼみはいため物や揚げ物に、茎の部分はサラダなどに用います。また汁の実や漬物にしてもおいしく食べられます。


板木技術士事務所●板木利隆


この特集は日本農業新聞「&YOU」に掲載されたものです。日本農業新聞に関するお問い合わせは、JAへ。

暑さに強く育てやすいカイラン

一覧