農業に関わること

ちばエコ農業

JA千葉みらいはエコ農業を推進しています。

農業の自然環境に与える負荷を軽減しすることによって、持続的な農業の推進を図るとともに、生産者と消費者のお互いの顔が見える農業を実現し、消費者の求める安全・安心な農産物の供給体制を作ることを目的として通常と比べて農薬や化学肥料をできるだけ減らした栽培を行う産地の指定、これらの産地などで栽培された農産物について下記の認証基準で県独自の認証を 行うものです。

●産地指定・農産物認証の基準

区分 要件 内容
産地指定制度 構成 環境にやさしい農業指定集落
面積 5ha以上の栽培面積
統一栽培暦導入 農薬や化学肥料が2分の1以上低減される栽培暦を統一的に導入
栽培情報公開 栽培に関する履歴の記帳と情報公開
産地管理体制整備 生産・出荷・販売及び品質の管理体制の整備
農産物認証制度 栽培 県が定める標準的な技術基準に比べて農薬や化学肥料が2分の1以上低減
栽培情報公開 栽培に関する履歴の記帳と情報公開
使用済みプラスチックの適正処理 生産に使用した塩ビ・ポリフィルムなどの適正処理
生産管理体制整備 生産・出荷・販売及び品質の管理体制の整備

●認証の表示を付けています

認証マーク

千葉の農産物・環境・安心をイメージしたマークを、「ちばエコ農産物」の出荷箱、小袋、結束テープ、ラベルなどで使用します。

認証マーク

生産情報表示票

近年厳しくなった農産物の栽培情報の公開要求に的確に応えるため、ちばエコ農産物の出荷箱に貼付します。

(注)精米確認者の欄は、落花生・茶においては乾燥調整等確認者とする。

生産情報表示票

●関連サイト