JA千葉みらいの紹介

事業紹介

JA千葉みらいの事業を紹介します。

信用事業(貯金・お借入)

身近な金融機関として、貯金・貸出(ご融資)・振込・口座振替などの業務を行っています。

銀行や信用金庫などと同じように、組合員だけでなく、地域のどなたでもお気軽にご利用できます。

詳しくはこちら

共済事業

JA共済は、相互扶助を事業理念として、組合員・利用者と共済契約を締結することによって、「ひと・いえ・くるまの総合保障」(生命と損害の両分野の保障)を提供しています。

JAでは、JA共済の窓口として組合員・利用者の各種手続きを行い、JA共済連は、各種の企画、仕組開発、資金運用、支払共済金に係る準備金の積み立てなどを行いながら、一体となって保障を提供しています。

詳しくはこちら

販売事業

「安心・安全」をモットーに生産者が作られた農畜産物の集出荷を行い、卸売市場を中心に販売を行っております。
また、とりたて新鮮な商品を食卓にお届けできるよう農産物直売所や量販店内の地元野菜コーナー(インショップ)での販売にも取り組んでおります。
さらに多くの消費者のみなさんに知ってもらえるよう地元農畜産物の消費宣伝や販売促進活動も行っています。

購買事業

~農産物の生産に必要不可欠な事業を通じて組合員農家の営農を支えます。~
購買事業にかかわる品物は、肥料・農薬・農機具等の生産資材や食品・米・日用雑貨などで出来るだけ、「低価格・安全・良質」なものを安定的に供給しております。
また、自己改革の取組みとして、肥料の銘柄集約、大型規格農薬等の普及促進や農作業の効率化や労働負担の軽減、低コスト化と省力化に対応するため、低価格モデル(大型トラクター)の共同購入などJA千葉みらい独自支援として、農機具等購入支援事業や新規法人・担い手購入支援事業も行っております。

指導事業

生産者が「安全・安心」な農畜産物を提供できるよう日々の技術的指導はもちろん、講習会や研修会を通じて技術の向上や農業生産工程管理(GAP)に基づいた栽培管理、残留農薬分析等を行っています。
また、行政と連携した有害鳥獣対策や地元農畜産物の学校給食導入を通じて次世代への生産者による出張授業等にも取り組んでいます。

担い手事業

担い手の皆様の要望に迅速に対応し、農業者の所得増大と満足度の向上を支援いたします。
また、「千葉県農業者総合支援センター」と連携しながら訪問・相談・提案を行うと共に協同組合エコ・リードを通じ外国人技能実習生制度を利用した労働力確保、農地については「千葉県農地中間管理機構」と連携し農用地確保・利用集積、規模拡大を支援し営農基盤の強化をはかります。「JA千葉みらい独自支援事業」等をご利用いただき組合員皆様を応援いたします。

しょいか~ご事業

「しょいか~ご」はJA千葉みらいの農産物直売所です。「しょいか~ご」の野菜や果物、お米は契約農家さんから、採れたてを産地直送していますので主婦の皆様にも納得いただける「新鮮!安心!美味しい!」国産農産物がずらりと並んでいます。
一般的なスーパーでは流通しない珍しい品種や旬の食材、最近注目度の高い西洋野菜なども 取り揃えています。 また、「しょいか~ご」には、野菜や果物の旬や鮮度の見分け方、オススメの調理方法や素材にあった保存方法等について消費者へアドバイスのできる「食育ソムリエ」と呼ばれるスタッフが常駐してますのでお気軽にご相談ください!

詳しくはこちら

生活事業

JA組合員や地域利用者の皆様へ向けた健康管理活動としての「集団健診・巡回人間ドック」の実施、利用者に寄り添った「介護サービス」の提供、まごころこめた「葬儀施行」を行っています。
また、JA青年部・女性部による、食育活動としての小中学校における田植え・稲刈り・太巻き寿司教室・野菜収穫体験等の特別授業の実施、各種イベントへの参加による地元農畜産物のPR活動にて地産地消につなげています。
さらに、広報活動として、広報誌「みらい」の発刊、ホームページ、フェイスブックによるJA最新情報を地域の皆様へ発信しています。